ママ友作り ママ友を探してみよう

ママ友を探してみよう

ママ友検索

ではここで、私が実際に行動した「ママ友の探し方」を紹介していきます。
管理人のオススメ順に、書いていきますね。

  1. ママサークルに参加してみる
  2. 話題のSNSで探してみる
  3. 習い事や幼稚園など、集団行動の場で
  4. 公園や児童館など、出会ったママに声をかけてみる

【1】ママサークルに参加してみる

沢山の出会いがあるママサークル

1番手っ取り早いのは、ママサークルに参加してみることです。
いろんなお母さんに会えるので、気の合うママ友をみつけやすいはず。

狙い目は、まだ活動をしていないママサークル
初期メンバー同士は、仲良くなりやすい傾向があります。

反対に避けたいのは、常連メンバーで盛り上がっているサークル。
「うまく輪にはいれないな…」と感じたときは、新しいサークルを探してみましょう。

また、自分でママサークルを立ち上げてみるのもオススメです!

【2】話題のSNSで、探してみる

ネットで簡単に探せます

話題のSNSで、ママ友を探してみるのもいいですね。
家にいながら、簡単にママ友を探すことができます。

わたしの時代は、『mixi』が流行っていました。
いまだと、『ジモティ』になるのかな?(他にあれば、教えてください)

SNSのいいところは、気軽にママ友を募集できること。
メールで仲良くなってから、実際に会うこともできます。
お互いのことをなにも知らないまま会うよりは、いいですよね?

ネックなのは、SNS上の付き合いで終わってしまうかもしれないこと。
確実に遊べるようなママ友が欲しいのであれば、別の方法も試してみましょう。

こちらも読んでみてね☆

【3】習い事や幼稚園など、集団行動の場で

集団行動の場は、トラブルを避けたいですね

「ママ友を探す」というか、「自然にできるかも」といえるが集団行動の場。
習い事の送迎や園行事で顔を合わせるうちに、仲良くなるパターンですね。

ここで出会うママ友とは、トラブルを避けたいですね。
もしかしたら、同じ小学校に通う友達がいるかもしれません。

ここで面倒なことになると、面倒です。最新の注意をはらって、いきましょう。

【4】公園や児童館など、出会ったママに声をかけてみる

初対面では、控えめに。

児童館や公園は、子どもが自由に遊びます。
お母さんは、子どものあとを追いかけていきますよね?

そこで、子ども同士が接近した時に、近くのお母さんに声をかけていました。
「よくここに来ます?今度、一緒にきませんか?」なんて、連絡先を渡したりしてね。

私の場合、こうやって出会ったお母さんとは、長続きせず…。
冷静に考えると、連絡先を渡すなんて、怪しいですよね。
悪気はなかったのですけど、ごめんなさい。

声をかけるのは、ある程度、仲良くなってからにしましょう!

こちらも読んでみてね☆