ママ友作り メリット&デメリット

ママ友のメリット&デメリット

ママ友のメリット・デメリット

一般的な「ママ友のメリット・デメリット」をまとめてみました。

メリット デメリット

・育児に関する情報を交換できる
・お母さんの息抜きになる
・子どもの遊び友達ができる
・おさがりや子守など、助け合える

・トラブルが起きるかも?
・出費が増える
・付き合いに時間がとられる

ママ友最大のデメリットは、なにか面倒なことが起きるかもしれないということ。
これは自分が気をつけていても、どうにもできない時もあります。

どんなに気をつけていても、やはり女の集団。
ちょっとしたことで、トラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

テレビドラマのような、いじわるなお母さんばかりではないけれど、あなたの住んでいる「地域」や「環境」により、大きく異なるでしょう。

私が実際に感じたメリット&デメリットを紹介します。

【メリット】楽しい&リアルな育児情報が聞ける

リアルな情報はママ友に聞いてみよう

ママ友のメリットは、やっぱり「楽しい」ことですね。
相性の問題もありますが、ママ友に「共感や理解」してもらえると嬉しかったりします。

また、「地域に特化したリアルな育児情報」は、ママ友に聞くと良い情報が得られます!
小児科や幼稚園の評判など、実際に通わせている(通わせていた)お母さんからの情報は、とっても参考になりますよ。

私はよく「ママ&子ども向けのイベント」の情報を、ママ友から教えてもらっていました。
どこで情報収集をしているのか、楽しいイベントを沢山知っているお母さんだったの。
ハロウィンの仮装コンテストや、工作イベント等、ママ友のおかげで参加することができました。

また、小学校の情報収集にも、役立ちました。
児童館の有無や学校の雰囲気を、入学前に知れたことは大きかったです。
もし合わなかったら、事前に引っ越すこともできましたからね。

【デメリット】モヤモヤすることもあるし、お金もかかる

お金や時間がなくなる

ママ友ができると楽しいのですが、モヤモヤすることだって当然あります。
仲がいいほどケンカするというか、嫌な部分がみえてくることもあります。

私は、モヤモヤしちゃうママ友が1人だけいました。
八方美人で噂好き。わたしも、変な噂を流されて困っちゃいました。
悪気はなさそうで、余計にタチが悪かった。それとなく距離を置きました。

あと、ママ友付き合いが増えると、お金がかかります。
お金がかからない場所で遊んだとしても、お菓子代や交通費等がかかってきます。
家計の負担にならないよう、ほどほどに遊ぶのが1番です。